2008年4月アーカイブ

病院に行った

ここ3週間ほど、ずっとセキがとまらず 先週は 38度を越える熱をだすほどだった。
そのおかげで、4月の生産性はとても低く いったい何をしてるんだろうという感じだった。

さすがに、セキがとまらないのが長すぎるので、別の病気の疑いもあるかもしれないので
病院に行った

診察まで、1時間30分待った。診察は、ちょっとのどを覗いて内視鏡入れることになった。
内視鏡は鼻から入って、のどの奥を映し出した。
はじめて見る声帯。。変な形をしている。もっとゆっくり見たいのだが、早々に終了。2分もかかってない。
紅くなってるので、気管支炎という診断になった。その後、吸入器で3分。トータル10分もない。

さて、会計なのだが。。3000円でそのうちの 内視鏡の値段 高い。。というかほとんど。。
内視鏡使わなければ、ほとんど費用かからなかったのか。。。
気管支炎という昔からある病気に内視鏡は診断に必要だったのか。。。それとも変な病気が見つからなくてよかったと思うべきか迷う。

で、薬が処方されたのだが、量が多い。連休があるから10日分を安易に受け入れたが、まずは5日分くらいでよかったかも。。 薬代が3000円。

トータル6000円。負担割合は3割だから 今回の合計は2万円!?。

これじゃぁ 医療制度もたないよな。。。
以下が、今回 処方された薬。効果が似たような薬が重複してるけどこんなもんなのかな。。。

imageimage

聖火リレー

26日は、北京オリンピックの聖火リレーが長野で行われる。
報道では世界中で聖火リレーでの騒動が報じられている。

26日の朝、目が覚めてテレビを見ると すでに紅い旗が沿道を埋め尽くしているのが報じられた。
このとき 7:30。

なんとなく、心の中で 「見に行ったほうがいいかな・・」なんて思い始めて、今から行ったら間に合うかな。。
調べてみると、いまから出れば、10:00に長野について、リレーは 10:00に長野駅前を通過するとのこと。

見られるとわかれば すぐ準備して出発。
東京駅で乗り換えが5分も無かったが、滑り込みで8:16発の あさま に乗車。乗ってから全席指定がわかったのと思ったより乗客が多くて、ちょっと困った。

なお、全席指定といっても、空いていれば車内で指定席券を 510円で発券してくれた。
気がつくと、もう長野なので、新幹線の速さに驚いた。
DSC00849

残念なことに駅前での聖火リレーは通過したあとで、交通規制も解除されていた。しかしながら。。。駅前は。。

DSC00840 DSC00841 DSC00843

なんだこれは!? 中国国旗で埋め尽くされている。さらに国歌の大合唱。勇ましい歌だからうるさい。
(君が代の大合唱だとぜんぜん違う雰囲気になるんだろうな。。。)

いたるところで でかい国旗を振り回している。これだけでも許しがたい暴挙だと思うが、ロータリーの小高い山の上に上って叫んでる輩もいる。
しかし、警官は彼らを注意も逮捕もしない。見ているだけである。 あまりにおかしいと思ったので、警官に見ているだけでいいのか?と聞いてしまった。
同じことを思った人は多いだろう。

  

フリーチベットの集団もいて、「フリーチベット」と叫んでる。こちらはほとんどが日本人で、欧米人も少数だがいる。

そうこうしてるうちに小競り合いが始まった。バックに流れてるのは中国国歌。
10:20ころになると中国人の集団は移動を始めて、「フリーチベット」の叫びだけになってきた。

DSC00850 DSC00851
なんとか記者団と法要をみるために善光寺に向かう。約2kmを歩くことにした。

善光寺を目前としたのだが、地元の人に聞くと聖火リレーは途中に休憩があって、12時くらいにゴールするとのこと。。
それならと早速、ゴール地点にタクシーで移動(2000円 痛っ)。

DSC00852DSC00853

11:20ころゴールである XX公園(名前忘れた)に到着。
もう紅い旗でいっぱいになっている。気持ち悪ぅ。。
で、向こう側に行ってみようとしたのだが、行けない。なぜか 止められる。私はチベットの旗を持っているわけではないし。。
中国人は行けるようだ。。たしかに向こう側には日本人らしい姿はない。カメラ写りのいい場所は中国人しか入れないようにしているみたいだ。
どうして!?ここは日本だよな。

DSC00858 DSC00856

ということで、ゴール地点から100mくらいのところで陣取りました。途中なんどか中国人が寄ってきたが、邪魔だと言って排除した。
上空を多数のヘリが飛んでいて うるさい。

DSC00859 DSC00860

雨が降ったり止んだりを繰り返すうちに、ランナーが引継ぎポイントに向かって歩いていく。


DSC00862 DSC00863 DSC00864

来た。少し高いところから見てるので、ランナーを見ることはできた。青いジャージの人も見えた。
DSC00870 DSC00871 DSC00874

ゴールに到着。この聖火リレーが意味があるかどうかはわからない。
また、中国の国旗を集団で振り回す行為を許してしまったことが今後にどのようなリスクをもたらすか よく考えなければならないだろう。

DSC00866 DSC00867 DSC00880
イベントは終了して、中国人が向かった先は、屋根の下である。屋根があるところは中国人に占拠されてしまった。(悪いことではないが、邪魔かつ目障りである。)


DSC00877 DSC00878

  

公園のリレーコースから離れたところ(つまり、カメラに映りにくいところ)に 「フリーチベット」の集団がいた。
日本人がほとんどである。警官の手厚い警備がなされていた。(監視すべきは中国人ではないのか?)

ここで、チベット人が受けている悲惨な状況の話を聞いた。ネットで見た以上にひどいことがわかった。
もっとひどいのは、ここに来ている中国人留学生の多くが 日本の税金をつかって来ていることである。
彼らが日本にメリットをもたらすことは、ないだろう。
年間にすると500万円/人である。道路特定財源よりも無駄遣いだ。こんな金があるなら 日本人の教育にあててほしい。

チベットでの行為を正当化する連中は、いつか日本にとって大きなリスクとなるだろう。フリージャパン と叫ぶ日が来ないことを祈る。

DSC01869DSC01872DSC01874   DSC01873

サンデージャポンの取材に遭遇した。やる気なさそうなインタビュー。(この取材は放送には使われなかった。。)

DSC01875 DSC01876

善光寺を見るべきか迷ったが、疲れたので帰ることにした。駅では中国人が集団で騒いでいる。(逮捕して強制送還してくれ。。)
改札口には報道の人が群がっていたので、誰がくるのか待ってみたが、結局こなかった。

帰りは しなの鉄道 と 高速バスを乗り継いで、池袋で ラーメン二郎に行って 自宅についたのは 22時。

今日は 中国人の多さに憤って、はやく彼らに帰ってもらいたいと切に願った。 日本は チャイナフリーでね。。

何年ぶりかわからないけど、山に入りました。
すっかり太ったので、歩けるか心配ですが、なんとか帰ってきました。

mixi のハイキングサークルでのイベントに参加して、甲州高尾山に行きました。

DSC01865 DSC01804

ホリデーパスで大月までいって、400円の追加で「勝沼ぶどう郷駅」に到着。9:11分。
ここで集合して、タクシーにて大滝不動尊に移動。
5人乗車でタクシーはうなりながら、山道を上る。。。

DSC01807DSC01805  DSC01809

9:30ころ大滝不動尊に到着。。長い階段のあとに立派な滝がある。

DSC01843DSC01813 

今日の最高峰は 棚横手山。1306m。ここまでは楽勝。11:10ころ。

周りはこんな感じ。

 DSC01815 Image1

富士山が雲にかかって隠れている。。見えたらよかったのになぁ。。。帰宅したあとGoogleEarthでシュミレーションしてみた。
視野角の設定がうまくいかず同じにはならない。。。

DSC01832 DSC01833  DSC01831 
昼食をはさんで、歩く歩く。。 甲府盆地全体が見渡せます。遠くには雪をかぶった南アルプス。

DSC01838DSC01844

ところどころ 綺麗に花が咲いてます。 松の葉が生え始めでやわらかかったです。

DSC01854 DSC01855

下山して、タクシーの運転手のお奨めの 大日影トンネル遊歩道に行った。
ここを通って駅に向かえば近いのだが。。
なんと 15:00で終了。このとき 15:30.。。ガーン。 また元来た道をもどって、ぐるっと周るのか。。
トンネルは閉ざされ、その向こうには出口が見える。
残念そうにしてれば、あけてくれるかなと思ったが、希望もむなしく、再度 戻ることにした。

DSC01856

雲の隙間から光がこぼれてる。とても綺麗。 でも足はクタクタ。

DSC01858 DSC01859

駅まであるいて、温泉のあるぶどう丘までタクシーで移動。
ここの天空の湯は、眺めが最高である。お湯も それらしくぬるぬる感があっていい。

ここで、地ビールやワインを飲む。

19:24の電車で出発。途中 大月で乗り換えて、立川にて 再度飲む。
立川が東京のどの辺か いまいちわからないので、飲みすぎに神経質になる。。

23:00ころ立川を出発。自宅についたのは 0:30ころだったかな。(もうよく覚えてない)

=====
万歩計によれば、30307歩 1267Kcal 消費したことになりますが。。。
飲んだり食ったりした分が、はるかに超えているのだろう。。

 Image5

トータル 15Kmくらいをあるいた。

Image3 

中央の下のところが トンネル遊歩道。入れないので 引き返した。

Image6

立体的にするとこんな感じ。

何とか歩けてよかった。下りがきつくてひざが笑い続けた。
日曜の昼過ぎでも まだ痛い。

これからも 歩き続けるようにする。

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja